レディ

優良な害獣駆除業者に依頼|様々な害獣及び害虫問題を解決

家ねずみについて

ねずみ

害獣と聞いて多くの人がイメージする害獣というのは、ねずみかと思います。実際、ねずみによる害獣被害というのは日本各地で時期を問わず被害を多く発生しているのです。日本国内で住宅に侵入し被害を発生させるねずみというのは、家ねずみと呼ばれます。家ねずみとされるねずみはクマネズミ・ドブネズミ・ハツカネズミの三種です。その中でも、ドブネズミは知名度の高い家ねずみでしょう。これら三種の家ねずみは、それぞれの異なる特徴を持っています。まず、クマネズミについて知っていきましょう。クマネズミは体長17cmから26cmと中型で、耳が大きく尻尾が長いといった身体的特徴のある家ねずみです。警戒心が強く、壁上りや綱渡りを得意とします。食性は雑食ですが、特に雑穀を好みます。クマネズミは屋根裏や配管へ侵入し、被害を発生させます。配線などを噛み切ることもあるため、繁殖される前にねずみ駆除を行う必要があるでしょう。
ドブネズミは、体長22cmから26cmと大型の家ねずみです。その性格は獰猛で、噛みついてくることもあります。その食性はクマネズミと同様に雑食性ですが、特に魚や肉を好みます。また、壁上りや綱渡りが苦手であるといった特徴もあります。その代わりとして、ドブネズミは泳ぎを得意とします。ドブネズミはその名の通りドブ内に生息するねずみで、排水溝から屋内に侵入してきます。ドブから侵入するため、保菌する病原菌も様々です。そのため、ドブネズミの侵入による衛生的被害は大きなものとなるでしょう。何より、獰猛なので小さいお子さんのいる家庭で発生した際には、早急にねずみ駆除業者に依頼して退治してもらう必要があります。最後に、ハツカネズミです。ハツカネズミは体長6cmから9cmと小柄な家ねずみで、自然環境に隣接した住宅に侵入します。特に脅威となるねずみではありませんが、農村では食害を発生させるためねずみ駆除が必要となります。このように、家ねずみにはそれぞれ異なった特徴があり、ねずみ駆除の対象となっているのです。